マツダ 中古車

マツダの中古車の掘り出し物を簡単に見つける方法を大公開!

中古車販売での必要書類

 

中古車販売での必要書類について。
中古車を販売店で購入する場合、
必要な書類を用意しなければいけません。
これがないことには、車を購入することはできませんから、
事前にチェックしておきましょう。

 

 

 

◎実印
車を購入する上で必要になります。
契約前に、あらかじめ住んでいる市区町村役場で、
「実印登録」をしておきましょう。
変形しやすいハンコ以外なら、比較的登録できます。

 

 

◎印鑑証明書
実印登録されたものであると、
市区町村が証明した証書になります。
車を購入する際は、
発行した日から3ケ月以内のものを用意しましょう。
(下取り車は2枚用意します)

 

 

◎車検証
中古車の場合は、販売店で保管されています。
購入後、納車された際に使用者欄が
自分の名前になっているか確認しましょう。

 

 

◎委任状
登録に関する手続きを第3者に委任する意思を示した書類を、
「委任状」と言います。
ここに実印を押します。

 

 

◎車庫証明書
警察署に、車の保管場所を管轄する申請をします。
警察側が確認した後、交付されます。
ほとんどの販売店が申請などの代行を行ってくれます。
しかし、賃貸駐車場の場合は、
すべて購入者が行う必要があります。

車保険と廃車

 

車保険と廃車について。
廃車をすると、気になるのが加入していた車の保険です。
使わなくなった車ですから、当然保険は解約する必要があります。

 

 

車の保険には自賠責と任意がありますので、
それぞれの抹消登録について説明します。

 

 

 

自賠責保険を解約する場合に、必要となる書類は以下の通りです。
自動車損害賠償責任保険証明書/抹消登録証明書/所有者認印/口座番号など。
抹消登録証明書は、普通自動車と軽自動車では異なります。
また、普通自動車でも、永久抹消登録した場合は「登録事項証明書」などを用意し、
一時抹消登録した場合は、「一時魔性証明書」
または「登録事項証明書」を用意する必要があります。
軽自動車の場合は、「自動車検査証返納証明書」か
「自動車重量税還付申請書付表1」を用意します。
もちろんこれらはコピー可能です。

 

 

手続きは、書類を用意し、加入保険会社の窓口で行います。

 

 

 

任意保険の場合は、保険料が返金されます。
料金に関しては、保険会社の規約によって異なります。
廃車日が確定している場合は、
保険会社に事前に連絡することで、すぐに解約ができます。

 

値引きしてトヨタを買う